「弥生」の読み方

読み方1: やよい
読み方2: いやおい (いや-おい)

用例: 弥生時代(やよいじだい)

補説: 元々の読み方は「いやおい」で、それが音変化した「やよい」が現在では一般的な読み方である。ますます生い茂る意味のほか、陰暦3月の名称、地名、人名などの固有名詞にも広く使われる言葉である。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。