「初出」の読み方

読み方1: しょしゅつ
読み方2: はつで
読み方3: ういで

概要:読み方によって意味が異なる。 初めて世に出るという意味では読み方1「しょしゅつ」が一般的である。読み方2「はつで」は出初式(でぞめしき)のこと、もしくは初めて奉行に出るという狭義の意味での読み方だが、読み方1と同様に単に初めて出るという意味で使われた例も江戸時代の評判記にある。読み方3「ういで」は宮参りの意味での読み方。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。