「依存」の読み方

読み方1: いそん (い-そん)
読み方2: いぞん (い-ぞん)

用例: 依存症(いそんしょう)、依存心(いそんしん)

補説: 本来の読み方は「いそん」だが、「いぞん」という読み方も一般化してきており、国語辞書においても「いぞん」とも読むと記されている場合もあるため、「いぞん」が誤読とは言い切れない。さらにNHKでは2014年2月の第1379回放送用語委員会で「依存」の読み方は「いぞん」を優先する変更をしており、口語では「いぞん」の方が一般化してきている。おそらく「いぞん」の方が発音しやすく、また「自尊(じそん)」「自尊心(じそんしん)」と音でより区別しやすいため定着したものと思われる。

関連リンク: 「依存」の読みを[イゾン]に変更 | ことば(放送用語) – 放送現場の疑問・視聴者の疑問 | NHK放送文化研究所

(注)当サイトは趣味サイトであり、掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。情報の誤り・誤字・脱字のご指摘、読み方がわからない用語、難しい用語のリクエストはTwitter: @yomi_kata_com までお寄せ下さい。