「相殺」の読み方

読み方: そうさい (そう-さい)

補説: 「そうさつ」「あいさつ」「しょうさつ」は誤読。または「そうさつ」と読むと殺し合いの語義になるが、日常的に使われるのは帳消しを意味する「そうさい」の場合がほとんどである。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。

「他人事」の読み方

読み方1[慣用的な読み]: ひとごと
読み方2[誤読とされる場合あり]: たにんごと

補説: 他人事を「たにんごと」と読むのは誤りとする辞書もあるが、そもそも「ひとごと」は戦前から「人事」が正しい漢字であり、NHKではどちらの読み方でも「他人事」という表記は使わないとしている。

「人事」は語義が異なる「じんじ」と紛らわしいため、戦後の活字文化の大衆化とともに「他人事」という当て字が慣用的に普及したのだろう。さらにその後、「他人事」をそのままの音読みである「たにんごと」とする誤読が定着した。ある意味では正しい読み方に戻った新語とも言えるため、辞書によっては「たにんごと」という読み方でも誤りとしていない場合があるものと思われる。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。