「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」の読み方

読み方: えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや (えんじゃく-いずくんぞ-こうこく-の-こころざし-を-しらんや)

概要: 燕(つばめ)や雀(すずめ)のように小さい人物には、鴻鵠(白鳥やコウノトリ)のように立派な大人物の志は想像もつかないという意味。

補説: 「安んぞ」を「やすんぞ」と読むのは誤読。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。

「天網恢恢疎にして漏らさず」の読み方

読み方: てんもうかいかいそにしてもらさず (てんもう-かいかい-そにして-もらさず)

概要: 『老子』七十三章からの諺。

補説: この句の読み方としては「疎かにして(おろそかにして)」は誤り。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。