「海胆」「海栗」「雲丹」の読み方

読み方: うに

概要: いずれの漢字もウニと読むが、塩漬けにした加工食品は「雲丹」と書く。

補説: 「かいたん」「うみきも」「うみぐり」「うんたん」「くもふね」は誤読。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。

「小女子」の読み方

読み方: こうなご

概要: 魚の名称。イカナゴの別名(主に関東)。

補説: 「しょうじょし」「こじょし」は誤読。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。

「大助」(鮭)の読み方

読み方: おおすけ

別名: ますの助(マスノスケ)

概要: ロシアに回帰するキングサーモンが稀に回遊中に北海道の太平洋沿岸で漁獲されることがある。これを「大助」と呼び、脂が乗って美味と言われる。この鮭の読み方の場合「だいすけ」は誤読。

語源: 「大助」の語源は不明だが、東北地方の伝承「鮭の大助」という巨大な鮭の王様(怪魚・妖怪)に因んだ可能性がある。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。

「鮭児」の読み方

読み方: けいじ (けい-じ)

概要: 北海道では通常、秋に産卵のために戻ってきた鮭を漁獲するが、稀に夏に遡上するロシアのアムール川の若い鮭が紛れて漁獲されることがある。この鮭は「鮭児」と呼ばれ、産卵期ではないため脂が乗っており、貴重とされる。

補説: 「さけじ」は誤読。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。

「時鮭」の読み方

読み方1: トキシラズ
読み方2: ときざけ

概要: 北海道では通常、鮭は秋に漁獲されるが、春から初夏にかけて獲れる鮭は「時鮭」と呼ばれ、漁獲量は少ないが産卵期ではない分、脂が乗っていると言われる。季節外れに獲れることから読み方1は「時知らず(時不知)」が語源と言われる。

補説: 「じけい」は誤読。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。

「道産子」の読み方

読み方: どさんこ

概要: 北海道産の馬の品種名(北海道和種)、または北海道生まれの人の呼称。

補説: 「どうさんこ」「どうさんし」は誤読。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。

「氷下魚」の読み方

読み方: コマイ

別名: 寒海 (カンカイ)

概要: 日本では主に北海道で漁獲されるタラ科の魚の名称。

補説: 「ひょうかうお」「ひょうげぎょ」「こおりしたざかな」は誤読。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。

「血洗島」の読み方

読み方: ちあらいじま

補説: 埼玉県深谷市の地名。名称の由来は諸説ある。「日本資本主義の父」「近代日本経済の父」といわれる実業家・渋沢栄一の出身地としても知られる。

補説: 「けっせんとう」「けっせんじま」「ちせんじま」は誤読。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。

「上田良子」(バス停)の読み方

読み方: かみたらご

概要: 岐阜県恵那市にある東濃鉄道・東鉄バス(阿妻=横通線)の停留所の名称。

補説: 「うえだりょうこ」「うえだよしこ」は誤読。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。

「誰がために」の読み方

読み方: たがために

用例: 誰がために鐘は鳴る(たがためにかねはなる)

補説: 「だれがために」は誤読。

(ご利用にあたっての注意事項)
当サイトは趣味サイトであり掲載情報の学術的正当性や正確性等を保証するものではありません。お問い合わせはトップページをご覧ください。